“どっかの大学生が玉音放送をリミックスして流して、大学側に思いっきり叱られたけど、そのときの説教を実は録音しておりそれをリミックスして発表したところ退学になったという話を思い出した。”
“本日取引先アパレル商社から連絡あり、納期オーバーの量産品がやっと中国工場から到着。パッキンを開けてみると商品の上に「日本人は死ね」と書いた紙が。民間交流は上手くいっていると思っていたが、ここまできたか。リツイート希望。”

子供向けの漫画とかでよくある、
おかず作ってる母親の目を盗んでツマミ食い、っていうのをやってみたくて、
決行した。
揚げたてのおかずををひっつかんで。
それがトンカツだったんだ。
遊び場でもしゃもしゃ食べた。

で、夕食は当然トンカツだったんだよね。
自分の皿にはトンカツがある。
でも母ちゃんの皿にはキャベツだけ。
母ちゃんのおかず、キャベツと味噌汁だけ。
夕食の間、顔が上げられなかった。
トンカツ食ったけど、紙粘土食ってるみたいだった

“「/dev/null にリダイレクトしろ」(死んじまえ)”
“1)佐藤かよ→性転換済み。物心ついた時には既に性自認が女だった。
成長するにつれて身体つきが男らしくなることに嫌悪感を覚える。
こういう人は「性同一性障害」(GID)。男性を“異性”として好きになるので、同性愛ではない。
類似キャラ:椿姫彩菜、はるな愛

2)IKKO→同性愛者。オネエ。女装しているが、身体が男であることは受け入れている。
この人たちが言う「私はオンナ」というのは“女として扱ってほしい”ということであり、
別に女性そのものになりたいとは思っていない。むしろ女性をライバル視している。掘られる側。
一般的な“オカマちゃん”はこのタイプ。
類似キャラ:KABA.ちゃん、クリス松村

3)ミッツ→同性愛者。女装が好きなだけで、男である自覚はバリバリある。
IKKOとは違い、女扱いは求めていない。掘る側。
類似キャラ:マツコ

3’)美輪明宏→同性愛者。女装しているが、男である自覚はある。女扱いは求めていない。
ミッツと違い、掘られる側。
類似キャラ:おすぎとピーコ

4)ピーター→バイセクシャル。男も女もいける。
このタイプには、元々は異性愛者で、後天的に同性を愛せるようになるパターンも多い。
同性愛者だと思い込んで警戒せずに近づいてきた女性を食うことがある。
類似キャラ:真島秀樹”

932 :可愛い奥様:2009/10/16(金) 02:03:57 ID:jpv9BP7g0
»911
ALSという体中の筋肉が動かなくなる病気があって
ある重病の患者さん(中年男性)は»924の方法もだめ。
もうまぶたが自力では開かないし、眼球も動かない
瞳孔も開きっぱなしなので文字がよく見えない。
(ALSでもまぶたと眼球だけは自力で動く人が多いらしいが)

それで開発されたのが 脳波をひろって会話する方法。
まだ新しい方法で これを自由に使いこなせる人はほとんどいないらしいけど。
独自の脳波(β派)を出してそのパルスを拾って会話する。

んで、上記の中年男性は その方法で数年ぶりに意思表示をすることに成功。
その様子をテレビで放送したの見たよ。奥さんが張り切って会話補助してた。
んで 第一声が「死にたい」

“どんなにチャーシューメンが食べたいと思っていても、ラーメン屋に入ってもやし炒めと言ってしまったら、もやし炒めがでてくる。たいていのことは、そうやって口に出した言葉で決まってしまう。だから好きな人には、好きと言わないといけない”
“精神年齢が低い人の特徴は、自分の感情をコントロールできてないこと。さらにいえば、コントロールできるなんてことを知らないし、たとえ知っていてもコントロールしようとしない人。彼らは「自分が抱く感情は正しい」と信じている。”
浦島太郎が良く解らない話になってるのは、ラストが削られてるから
浦島太郎が煙被って、お爺さんになってお終いじゃなくて続きがある。

浦島太郎は煙被った後、鶴になって助けた亀の待つ蓬莱山に向かって
飛んでいって、亀と再会して、末永く幸せに暮らしました。

で、実はこの助けた亀こそが乙姫さまなのね。

つまり、人間じゃ到底生き延びる事が出来ない長い年月を玉手箱に閉じ込めて置いて、浦島太郎に渡した。
浦島太郎が玉手箱を開けなければ、乙姫が好きだった男の人は一生逢えなくなるけど、長くそれからも生きていける事も出来て
玉手箱を開けた場合は、自分の所にもう一度鶴になって戻ってくる。

玉手箱は乙姫の「賭け」だったわけ

これが結末。

prodigalboys:

(2)錯覚タイプ

 先ほどの「ホテルのオーナーになりたい」というタイプです。漠然とした夢を抱き続けているのですが、毎日ほとんど何も行動していません。

 最近はこのタイプが非常に急増しているのですが、これは自己啓発セミナーの急増とリンクしているように思います。夢を大きく持ちましょう、絶対に実現しますよ、とモチベーションをあおられ、その場の雰囲気で夢を設定してしまった人が、このタイプに陥りやすいです。

 この夢を実現できればカッコイイ、この夢が実現できたら素敵、という雰囲気だけで設定しているにもかかわらず、「夢をイメージすれば魔法のように実現できる」と錯覚しているのです。このタイプは自己啓発ビジネスの良いお客さんです。